カテゴリ:教育・お勉強( 110 )
高等学校の単位履修問題
今、単位履修問題が発覚して、新聞を賑わせている。

まず、何の罪もない高校生に負担をかけてやるのは…と思う。

ついで、マスコミでは、高校や教育委員会の問題として片づけてしまっているけれど、はたしてそれだけの問題かな?と思う。

指導要領を作るのは、国。文部科学省。そして、それに基づいて高校現場で指導を行う。つまり、高校。高校は、その指導要領をもとに指導しなくてはいけない。でも、一方で、子ども達を彼らが目指す次のステップに導いてやらないといけない。つまり、大学などの高等教育などに。大学に入れるためには、それ相応の指導が必要になる。子ども達の大きな負担にならないように、効率的に、うまく教えて、子ども達の行きたい進路に繋げてやるようにしていくのが高等学校の役目かも知れない(ちょっと極論ですけれど)。

このニュースを知って、思ったのは、果たして、文部科学省をはじめとする国はどれだけその現状を知っているのか。知ろうとしているのか。子どもの負担、先生の負担、学校の負担。そして、新たな学力を模索する大学側も、どこまで中等教育の現場の現状を知っているのか。知ろうとしているのか。

子ども達や学校、先生には可愛そうな問題だけれど、これって、国や高等教育の、「現場・現状把握」がお粗末で連携ブソクだった背景があるように思えます。

未来を生き抜く力、って、他人の目線ででもモノを考えられる力、もあるのでは?
しっかし、この現行課程、問題多すぎですなぁ。

これは一つの意見だけれど。

事件は現場で起きてるんだー、と叫んだ刑事の映画がありますけど、こういうのを見ると彼の顔が思い浮かんで来てしまいます。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-10-29 16:30 | 教育・お勉強
夏休みのお勉強
夏休みに入って、学生が朝のラッシュに加わらなくなった。
少しうれしい(笑)。

しかし、帰り10時ぐらいにでも子ども達は駅前にたむろしてる。
なんとなく、小学生の低学年も増えてきたような…。

塾通いは反対するつもりもないけれど、夜遅くまで塾に通って果たしていいのだろうか?
なーんて最近思っちゃう。
小学校高学年、中高生ならまだしも…。

夏期講習の時間割、なんとかならないもんですかねぇ。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-07-28 23:32 | 教育・お勉強
日々の積み重ね
お勉強をしっかりするには、コツコツと毎日定期的に学ぶことが大切。

と、小さいときから言われていた。

今、資格を取ろうと資格試験をうける準備をしているが、コツコツとはほど遠い毎日を過ごしている。毎日、ドラえもんの暗記パンがあればいいなと思って過ごしている。大人げない?
コツコツするのは大切って分かってるけれどね、出来ないのね。うーむ。

ま、この自分の勉強の現状を振り返って、全然成長してませんな。
あきまへん。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-06-27 23:37 | 教育・お勉強
物覚え
今、新しくイロイロ覚えることがあるのだけれど、なかなか覚えられない。
身体が自然と理解するまで頑張るしかないのだけれど、なーんとなく気になるところが。

「が、学生時代の時よりも、覚えるのが遅い…」

歳を取ると物覚えが悪くなるのはよく聞いているけれど、これがそうなのかなぁ?
そう思いながら、「年齢のせいにしたくない」と思う今日この頃なのでした。

頑張るのだっ。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-06-22 23:44 | 教育・お勉強
OpenCourseWare
なにを血迷ったのか、このサイトを見つけた→UT OpenCourseWare

これ、東京大がやっているオープンコースウェア(だれでも好きなときに受講できる大学などの講義など)だ。
ここに学術俯瞰ってやつがあって、ノーベル賞の小柴先生などのメディアがある。他も有名な先生方の講義を受けることができる。これ、結構楽しい。

「!」
物理の話が今のところメインだけれど、理系だけでなくて文系のヒトでも面白い内容だと思う。分からないところは、また視聴すればいいんだし、調べながらでもいいんだし。ポドキャスを使った教材って、面白いかもしれない。自分のペースで学べるし。文庫本のイメージで外に居ながらにして学べるってのも面白いかも。

こういう講座を受けてみると、物理は元々好きじゃなかった私でも、学校の勉強から殆ど離れてきた今、なんとなく面白いと思ってしまう。(かといって、計算は嫌いですけど。)時々、学生時代にもっとやっときゃよかった、なんて思うけど、後の祭りってこと。もし、やったとしてもモチベーションが持たなかったでしょう。今から勉強して「かしこいちゃん」にはなれません。断言できます。はい。

注)他にもOCWはあります。他大学でもあります。海外のOCWも見ることができます。NIME-glad(独立行政法人 メディア教育開発センター)にも沢山のメディアが集結されています。リメディアル要素が強いモノから、最先端技術の話まで。

今までの閉ざされた知から、拓かれた知へ移りゆく姿が何とも素敵。
なーんて、言うけど、面白いと思ったモノがどんどん見ることが出来て、知ることができたら、それって、幸せ。この世の中、すごいよね!

歳をとっても学術的なことを追究する学者的なお勉強じゃなくて、普段の生活でも、「面白い!」といつも思えるような知的好奇心を持ちたいと思う今日この頃。

…。そんなことを、この前飲み会で言ったら、「reedsさん、そのまえにあなた、生理的欲求が強すぎます。だって、食べることになったら夢中じゃないですか。」

 え? それって、あかんの? それって一種の知的好奇心じゃないの? 
 …どうやら違うらしい。 

 出直しらしい。(「ハイ、消えた」:〔キンキン登場(なるほど・ザ・ワールド)〕)
[PR]
by thinking_reeds | 2006-05-11 00:09 | 教育・お勉強
教育基本法ねぇ
最近、reedsのブログが骨がない、とのご指摘アリ。
当たりかもぉ〜。

決して、考えることを避けている訳じゃないんです。
考えてるし、イロイロ書きたいのだけれど、それを書くエネルギーがありますぇん。
(言い訳言い訳)

教育と環境、そうですね。reedsのオハコですね。ズビバゼン。
今はいっぱいいっぱいっす。

More
[PR]
by thinking_reeds | 2006-04-28 23:42 | 教育・お勉強
ポッドキャスティング
ここ最近、reedsのiPod(アイポド)ちゃんは酷使気味。

音楽ももちろん沢山沢山入っているけれど、それよりも増して増えてきているのがPod Casting。
・日本経済新聞の聴く日経...オープニングがこっ恥ずかしい。誰にも聴かれてないのだけれど、いつも1人で照れる私。そのほかは○。
CNN.com...オーソドックスなニュース。明瞭でわかりやすい。
Science Friday...科学技術のサイト。テクニカルタームも多いけど、慣れちゃえば、楽しい。理科好き向け。
ESPN...スポーツメイン。今はMLBメイン。

番外編
radio SOTOKOTO...LOHASな音楽、ポドキャスティングを目指してるらしいけど、堅いこと抜きで楽しい。

てな感じ。
ポドキャスティング、いつの間にか私の生活の一部分になってしまいましたぞ。
他、オススメポドキャスティングがあれば教えてくださいマシ。

カテゴリをお勉強にするか、Macintoshにするか悩みましたが…。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-04-19 23:11 | 教育・お勉強
でたらめ英語矯正中
reedsさん、次の仕事にむけて、今まで培ったAussie訛りのでたらめ英語を矯正中。

英会話スクールに通っているのだけれど、一日2レッスン受ける。
へろへろぉー。噛み噛み英語炸裂中。

まぁ、ちゃんと英語ぐらいは矯正しないと、日本語さえ、まともに標準語は話せないからね、私。
でもバイリンガル、いや、トライリンガルかも。
日本語=関西弁、○○弁、標準語

フォッフォッフォ。

7年もおりゃぁー(いれば)、○○弁もうもー(うまく)はなせるよーにならー(なるわ)。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-04-01 15:28 | 教育・お勉強
子どもの安全
滋賀であった、幼稚園児殺人事件。

話を聞けば聞くほど、あり得ない〜、と思ってしまってしかたありません。
日本になじめなかったとか、子どもがいじめられているとか、イロイロの報道がありますが、それと殺人は別次元。
身勝手すぎる事件だと思います。

もう一つ気になったのは、犯人の子ども。
犯人の子どもも、友達が殺害されるところを観ているとか観ていないとか。
幼少時に与えるショックはどのぐらいなんでしょうか。

子どものことを思うのならば、普通はそんなことしないけれど、普通じゃなかったのかな?
普通になりきれなかったのか、普通だったけれどその時は普通になれなかったのか。

今回、日本になじめなかったことがクローズアップされていますが、どこの国の親でも、子どもを思う気持ちは同じでは? なじめないことと犯行は別だと思うんですが・・・。

親まで尋常じゃないのならば、子どもはいったい誰を信じたらいいんでしょうか・・・。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-02-19 19:19 | 教育・お勉強
そうなのねぇ:身長と教育の関係とは
身長と教育の関係を調べた学者がいるらしい。身長と教育の関係とは
高学歴=教育がなされた、と考えるみたい。
私が思うに、背が高いと比較的高い学歴を重ねている。背が高い≠ 頭がいい。一概にいえないっちゅうことよね? つまり、背が低い≠頭が悪い とも言えない。背が高いと教育を受ける機会が与えられることが多い、ということか。 考えてきたら訳分からん。

まぁ、そういう仮説を立てて調査研究したのはいいけれど、これを何に活かすのでしょうか。
是非有用に使って頂きたいところ、です。そういう私はどういう時に活かすのか、イメージが皆目たちませんケド。

女性も身長と学歴は関係有るんでしょうか? (-.-;)y-゜゜゜
(知りたくない・・・)
ーーー
身長と教育の関係とは[ 2006年02月03日 13時13分 ][ストックホルム 1日 ロイター] 
スウェーデンで、95万人の男性を対象に調査を行ったところ、背の高い男性のほうが高学歴であることがわかった。

医学誌「International Journal of Epidemiology」に発表された調査は、カロリンスカ研究所の研究者フィン・ラスムッセン氏が行ったもので、それにによると、背の低い人は、あまり成果が出せないという偏見を持たれているという。

論文には「青年期以降、高い教育を受ける可能性は、身長に比例している」と書かれている。

研究では、1950年から1975年に生まれた男子が18歳の時に受けた徴兵検査の結果と最高27年後の学歴を分析した。

「身長が194センチ以上の男子が大学教育を受ける割合は、身長が165センチ以下の男子の2〜3倍です」

社会的背景、知能指数で計測される知性などの要因で結果は多少変化するだろうが、それでも、身長と学歴の間には明白な関連があるという。

研究チームは結論を出していないが、ラスムッセン氏は、社会が持つ傾向に関係があるのかもしれないという。

同氏は「背の低い人々に否定的なのかどうかはわかりません。しかし社会には、人間の能力に関して、人々が抱く期待なり、観念があると思われます」とロイターに語った。

[日本語訳:ラプター]
[PR]
by thinking_reeds | 2006-02-03 21:54 | 教育・お勉強