カテゴリ:音楽、映画、本( 25 )
Jack Johnson
かなり前から、Jack Jonsonはお気に入り。
春にPatagoniaに電話したときの保留音がJack Johnsonで痺れ、そこにまた、iTune Music Store で特集がされていたりと、継続的にJack Johnson病にかかっている。(治癒の見込みなし)
Jack JonsonはiPodちゃんに入れていたけど、ここ最近のヘビーローテーションは、
『Sing-A-Longs and Lullabies for the film Curious George』←これ。

彼のライフスタイルもかっちょいい。
しかも、さりげなくメッセージを送れるのもかっちょいい。

知らぬ知らぬ間に、The Three R'sなんて、痺れる〜。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-07-18 22:37 | 音楽、映画、本
美の壺
金曜の夜、いかがお過ごしですか?

reeds、ここ最近、金曜の夜は欠かさず見る番組があります。NHKの美の壺デス。
毎回、素敵なテーマで(今日は切子でした)、骨董などの見方を教えてくれます。おおお!と思うものにもお会いできるのでとても勉強になります。

同時に、その番組内の音楽もなかなか渋うございます。Jazzがメインなのだけど、これまた格好いい選曲で痺れてしまいます。

あまりNHKの番組は好きじゃないのですが…(TVはあまり見ないのですけど、ね。)、久々にまともに毎週欠かさず見ております。ちょっと、NHKを見直しかける番組の一つです。

(受信料は払ってます)
[PR]
by thinking_reeds | 2006-07-07 23:51 | 音楽、映画、本
今さら、「ダビンチコード」
日本語版を出している「カドカワ」の広報戦略に負けるまい、と、今まで意地を張って見向きもしなかった「ダビンチコード」。

だって、日本語版って上・中・下の3部もあるんだもの。
それなら1冊でまとまってるpaperbackを買った方が良いかとも悩み1か月。

最近の通勤電車で読んでおります。

日本語版をかっちまいました。
最近はくたびれ果てた帰りの電車で、ラングドンさん三昧です。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-06-15 23:39 | 音楽、映画、本
WINJ
実家に戻ってから3週間。
最近はまっているのが、デジタル放送のWINJ(ウィンジェィ)

あれを聴くと、気がゆるゆるする。
あー。今も波の音がするぅー。まぶたがとじるぅー。

昔、St.Gigaという放送局があって、音の潮流って番組があった。
それは、放送する音が自然音(波の音や川の流れなど)で構成されていたり、日の出、日の入りなどを意識した放送内容だった。
reeds、それが「かんなり(=かなり)」お気に入りであった。

St.Gigaが無くなるときは寂しくて仕方がなかったが、これがあったのね。
ちょいとうれしい。
もちろん、FM802も大好きなのだけれど、家にいるときは、WINJなのです。

ジュヌさんが、お留守番の時にも、このWINJは役立っています。
きっと、波の音なんかを聞きながら、彼女もドッグベッドの上で意識が遠ざかってるんでしょうねぇ。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-06-02 18:53 | 音楽、映画、本
ラッパーのヒトって…
何を思ったか、"8Mile"を見た私。
音楽はとても好きなのだけれど、それよりもエミネム見たさで拝見いたしました。

でさ、なんで、ラッパーの人たちって、指をいつも「フレミングの法則」みたいにしてるの?
「これが磁界」「これが導体」「これが誘起される電流の動き」ってな感じで、歌いながら「物理の世界」を体感しているのでしょうか。

絶対違うと思うけど。
でも、みんな指がフレミングの法則よろしくなってるんだよね。
あれの由来はなんなんだろ?

おバカな疑問です…。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-04-24 21:45 | 音楽、映画、本
本の整理その1
昨日、悪友どもが乱入してお客様がお見えになって、丁重におもてなし。
そこで一日の体力を費やしてしまった。
今日は、午前中は気が遠くなるような息絶え絶えな音楽に素敵な音楽に魂が抜け、何もしなかった私。

ところがどーよ。
午後、ダンボール4箱分(ミカン箱相当)の古本(含:捨てるか売るか悩んだ本)を箱に詰め込みブックオフへ。いぇい! お小遣いが出来たぜぃ。

でも、まだまだ本はあるのです。はぁぁぁあ。

追伸:これをご覧になった"昨日陣中見舞いをしてくださった方へ。
 決して、ご飯に行こう、なんて誘わないでくださいね。
 ええ。決して。X-P
[PR]
by thinking_reeds | 2006-04-16 18:14 | 音楽、映画、本
ミュージシャンって早起きのヒトもいたんだ…
今日は、5:00に目が覚めました。
珍しいですね。

引っ越し準備? みなさんの予測どーり、進んでませんよ。
ブログを見て昨日部屋に嵐を巻き込んでくださった数名の皆さん、迷惑でしたありがとう。

今日は朝からお隣、階上、階下の皆さんにご迷惑にならないように、静かに整理していたら、階上から聞こえて来るじゃないですか。「天国の階段」が。

「ん? 私は召されてるのか?」と寝ぼけて思いましたが、ふと我に返ると…。

部屋ではiTunesのストリーミングでJazzを聞いていたはず。おかちーなー。と思ったら、どうも普通のCDと違う。しかも、時々、音楽が止まる。歌声が聞こえる。でも、ちょっとツェッペリンとはほど遠い感じ。英語がカミカミ。

そこで、コップ登場。よく、コップを壁にくっつけて物音聞いてる人いるでしょ?
あれ。あれをreedsは生まれてこの方やったことが無くて。ついにやってしまいました。ワタシャ  ガキンチョカイ...
すると、どうやら階上の方が弾き語りの練習をされている模様。
4月末に犬を飼ってた方が退出されて、その方が入られたのですね。

その方、年齢不詳。細身の男性。「なんでそんなに足が細いんじゃ? 私の分もあげよう! 」「なんでそんなに色が白いの? 日に当たってる?」と突っ込みたくなるようなお方。若いようで若くないようで…、若くないようで若い…。決して学生ではない感じ。結構、黒づくめな方です。

で、話を戻して。朝の6:00過ぎに、死にそうな声で練習が始まりました。10時ぐらいまで練習してたんじゃないかなぁ。なんだか健気になってきました。こちらも息苦しくなってきたときに練習は終わりました。ああいう方達って、夜なヒトだと思っていました。偏見かも知れないけれど。努力家だ。頑張れー。

ちなみにずっとツェッペリンを練習されていました。

...stairway to heaven.

まだ、頭の中でギターがグルグル回っています。あああああ〜。
で、引っ越し準備は滞っています。はい。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-04-16 15:26 | 音楽、映画、本
大好き、だるまー
ひさびさに丸善紀伊国屋にふらり。
いつもは、大抵ネットでアマゾンかそれの.comのほうかを使ってるのだけれど、たまには本屋に行きたいーっ。ということで、ウロウロ。お目当ての本を買った後は、フロアをうろうろ。

こうやって、後から考えると「無駄な」本を買っちゃうわけです。
でも、これを買った後に、家で紅茶やコーヒーを飲みながら読む本って楽しいのだ。スタバやTully'sでもいいんだけど、家でぼーっとしながら読む本は最高なのであります。

今日(予定外に)買ったのは、

大橋歩さんの「大好き、だるまー」
これ、大橋さんが飼ってらっしゃる黒ラブの「だるまー」の成長ぶりを書いた本。ジュヌさんとオーバーラップしてしまうことが沢山あります。だるまーもきっと幸せなんだろうな。大橋さんのお家に来て。イラストも素敵で。なかなか痺れます。

ここ最近、仕事関係の本が多かったので、ちょっと楽しかったっす。30分ほどで読んじゃった。
もう一回ゆっくりと読みます。

Roald Dahl "Charlie and the Chocolate Factory"
なんで今更、「チャーリーとチョコレート工場」? しかもPuffin Books? っちゅうはなしもありますが、無性にロアルド ダールの怖くないお話が読みたかったのデス。 たしか、一度読んだことがあって、家のどこかにあるかも、と本を読んでから思いました。でも、いいや。楽しみながら読んでます。これもあっという間に終わりそう。 

明日はお休みなので、じっくりゆっくり読むことでしょう。

ってことは、引っ越しは一体全体、いつ準備するんでしょうね?

また、一発屋、間際族の本領発揮になるんでしょうか。
ああ、オソロシイ。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-04-14 23:28 | 音楽、映画、本
コナン ドイル のバカ!
昼夜逆転でタダでさえ困ってるのに、あああ。
こんな番組を発見。コナン ドイルの事件簿

ビデオ録画ってのも好きでなく…。
今まさにテレビで観てしまってる私。
これでは、ホントにヤバイ。昼夜逆転。あああああ。

個人的には、ポワロが好きなんだけど。

春休みのバカ。
社会人は春休みなんてないのにぃ。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-03-29 01:23 | 音楽、映画、本
大掃除
年度末だし、大掃除中。
毎年、要らなくなった本を精選して古本屋に売る。
専門書を、量販店に売っちゃうと二束三文になっちゃう。洋書も買い取り対象外になっちゃうことも多い。でも、今住んでるところって、古本屋少ないんだよなぁ〜。

で、最終的にはBook**fなんて感じのところに出しちゃうわけだな。

今年は、ダンボール5箱以上になりそうデス(すでに2箱は出しちゃった)。
がんばるじょー。
[PR]
by thinking_reeds | 2006-03-19 21:59 | 音楽、映画、本